災害備蓄用(さいがいびちくよう)飲料水(いんりょうすい)の支給(しきゅう)

大学内(だいがくない)には、地震(じしん)などの災害(さいがい)が発生(はっせい)したとき、

すぐに学生(がくせい)や教職員(きょうしょくいん)に支給(しきゅう)できるように、

常(つね)に飲料水(いんりょうすい)が備蓄(びちく)されています。

 

しかし、水(みず)にも賞味期限(しょうみきげん)があります。

このまま置(お)いておくと、切(き)れてしまい勿体(もったい)ないので、

その前(まえ)に、学生(がくせい)たちへ支給(しきゅう)することにしています。

 

また新(あたら)しい水(みず)は備蓄(びちく)されますので、

安心(あんしん)して学校生活(がっこうせいかつ)を送(おく)ってください!

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2021 O.U.T the Institute of JAPANESE LANGUAGE

テーマの著者 Anders Norén